生ゴミ処理機、普及の背景

普及の背景には、ごみ問題がある。各自治体が収集するごみの総量は年々増加している。それに合わせ処理能力も拡大しているが、依然としてゴミは大きな社会問題でありつづけている。特に生ごみは、水分量が大きいため輸送、焼却にかかるコストが大きい。そのため、一部の自治体では生ゴミ処理機購入に補助金を出すなどの普及活動を行っている。また、近年のエコロジーへの意識の高まりも普及に一役立っている。このような背景を元に、排出源である各家庭での生ごみ処理法として生ごみ処理機が注目、推進されています。

生ゴミ処理機とは??

バイオ式と乾燥式

生ごみ処理機は大別して、バイオ式と乾燥式の二つがある。バイオ式は、微生物に適した環境を作り、微生物が有機物を酸化分解し堆肥を作る。対して、乾燥式は温風等による加熱によって、生ごみ中の水分を蒸発させ、生ゴミの減量化と微生物の不活性化による衛生化を行う。 ハイブリッド式というタイプも販売されているが、これは最終的に微生物によって有機物の酸化分解が行われているためバイオ式に分類される。通常のバイオ式との差は、投入直後に送気による乾燥を行う点である。

 

処理原理
バイオ式生ごみ処理機は、微生物、特に好気性微生物によって生ごみ等の有機物を酸化分解し、最終的には二酸化炭素と水までに分解し、これによって、生ごみの減量化や汚物感、汚臭の解消を行う。そのため、バイオ式生ごみ処理機の機能は、好気性微生物に適した環境を作ることである。
メリット
  • 堆肥ができる ‐ バイオ式の最大の利点。二次発酵を必要とするが、一次醗酵が終わった状態の堆肥ができる。
  • ランニングコストが安い - 微生物の力を借りて、分解を行うため乾燥式生ゴミ処理機と比較的ランニングコストがかからない。

乾燥式生ごみ処理機

処理原理
ヒーターなどの熱源や温風で、生ごみの水分を蒸発させて乾燥、攪拌、破砕して減量、衛生化を行う。
メリット
  • 室内に設置できる ‐ チップを要しないため比較的コンパクトであり、匂いも少ないので、室内に設置ができる。
  • 手間が少ない ‐ 機械的に蒸発を行うため、バイオ式のように微生物の生育環境を整えなくてもよい。
  • 短時間でできる ‐ バイオ式のように時間をかけなくともよい。
  • 使えない地域がない ‐ 寒冷地でも使用できる。バイオ式は屋外設置が多く、また温度を要求するため設置できない地域がある。
デメリット
  • 電気代が高くつく(現実には、メーカーが宣伝している時間で乾燥が終わることは、まずない)